血流観察、してます。

榊 信一

From:近所のコメダから。

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院 プロビス整体研究会の榊です。

花粉の時期ですね。

あなたは、花粉症は大丈夫ですか?

私は花粉症です。いや、でした。

去年までは花粉症で悩んでいました。

でも、今年は割と楽です。

薬も一切飲んでいません。

何で花粉症が良くなったのか。

考えてみたら、食べ物を変えたことが良かったのかもしれません。

何を変えたのかと言うと、「ある物」を食べるのを止めただけです。

それだけで、花粉症が良くなりました。

何を止めたのかと言うと、「砂糖」です。

もう少し言うと、「甘い物」を一切、止めました。

それだけで、花粉症が良くなったのです。

やはり、甘い物が体に及ぼす影響って、凄いなと思いました。

私は整体院で、血流観察を行っています。

やはり、血流観察の様子も、甘い物を食べる人と、食べない人では様子が違います。

まず、血流観察が何なのか。

それについて、書いていきます。

私は、B-SCANと呼ばれる、非採血の末梢血流観察装置を使って、血流を観察しています。

なんで血流を観察しているのかと言うと、施術の前に血流を観察することで、その日のあなたの状態を知ってから施術を行うことができるからです。

また、施術後に再び観察することで、あなたへの施術の効果を眼で確認することができるからです。

さらに観察した様子を録画することで、どの様に施術の効果が出ているのかを、日時を追って観察することまで、できます。

つまり、施術の効果が目で見えます

そのため、血流観察を必ず行っています。

なにを観察しているのか

毛細血管の長さやねじれなどの情報をもとに、あなたの生活習慣の乱れといった、今の健康状態を観察します。

毛細血管の形から、生活習慣の微細な変化や悪化を読み取ることができると考えらています。

実際、1984年に中国の復旦大学の臨床報告では、爪上皮を通じて観察した結果と、実際の精密検査の結果で、97%以上の一致がみられたそうです。

 簡単にまとめると、

1.老廃物がどれくらい貯まっているのか
2.ストレスがどれくらい貯まっているのか
3.新陳代謝
4.いわゆる、「ドロドロ血液」なのか「サラサラ血液」なのか

 といったことを、観察しています。

毛細血管とは?

 毛細血管は、私たちの身体に栄養や酸素を供給し、余分な老廃物を体外に排出してくれます。毛細血管は、全身の血管の99%(地球約2周半の長さ)を占めています。

 毛細血管は動脈と静脈をつなぐ極細の血管で、全身に網の目状に分布しています。

 直径は8~20μm、赤血球がようやく通れるくらいの大きさで、肉眼では見ることはできません。

 血液中の栄養素や酸素を毛細管壁を通じて組織内に送、逆に組織中の老廃物を受取っています。

毛細血管について

 最新研究で分かってきた驚きの新事実。それは“毛細血管は年齢と共に減っていく”ということです。毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を体のすみずみまで送り届ける大切な働きをもっています。ところが、皮膚の毛細血管を調査した研究では、60~70代の人は20代に比べて、毛細血管が4割も減少していました。

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA