ヘルニア

ヘルニアとは

ヘルニアは、今や誰でも知っています。

ですが、ヘルニアとはどういうものなのかを知っている人は、あまり多くありません。

なので、ここではヘルニアについてお話ししようと思います。

ヘルニア【hernia】 の語源は〈脱出〉を意味するラテン語の【hernia】で,臓器もしくは組織が体内の裂け目を通って,本来の位置から脱出した状態のことを言います。

 

 

ヘルニアの好発年齢は、20~40歳で、女性より男性の方が2~3倍起こりやすいと言われています。

このヘルニアですが、なぜ起こるのかは、実はまだ解明されていません。

タバコを1日10本吸う人では、ヘルニアになるリスクが20%アップする、と言う説もあります。重労働の方が事務作業よりも発生率が高いとも言われています。

また、ヘルニアの大きさと痛みとシビレの強さは関係ないと、言われています。 ヘルニアが大きくても症状のない人も居るし、ヘルニアが小さくても激痛や強いシビレにに襲われる人も居ます。

シビレについて

ヘルニアとシビレは、ほとんどセットの様に扱われています。

足のシビレは、ヘルニアと思っている方もいます。

ですが、ヘルニアとは関係なく、足にシビレがある方は実は、かなり多くいます。

そのシビレですが、実はシビレている場所により、原因の場所が違います。

お尻から足先まで。

お尻だけ。

太ももの前、もしくは後ろだけ。

ふくらはぎだけ。ふくらはぎの前だけ。

足の裏だけ。

他にも、シビレは様々な現れ方をします。

現れ方によって、原因の場所は違います。

ヘルニアの病院での治療方法①

基本、ヘルニアの症状は、飛び出した椎間板が神経を圧迫して、腰やお尻の所に痛みやシビレが現れる、と言われています。

画像検査でヘルニアと診断されると、最初は保存療法が選択されます。

ヘルニアは自然吸収(自然に消えること)されることもあり、3ヶ月間は保存療法の期間としています。

保存療法には、 安静 装具療法(コルセット)、 薬物療法(消炎鎮痛薬、ビタミンB12製剤、筋緊張弛緩薬など)、 ブロック注射、骨盤牽引両方(ヘルニアに限定した治療効果については、十分な研究はないそうです) といったものがあります。

ヘルニアの病院での治療法②

保存療法で変化がなかった場合、次に手術が選択されます。

基本的には、保存療法にまったく改善しない痛みや麻痺症状がある場合に、適応となります。

しかし、ヘルニアの90%以上は手術が必要ない、と言うドクターも居ます。 画像検査でヘルニアと分かるのは、全体の4 ~ 5%ほどです。さらにその中の90%以上は手術をしなくても、改善するようです。

つまり、ヘルニアで手術が必要になるのは、100人中1人居るのかどうかという、非常に少ない確率になります。

さらに、保存療法で改善しないと言って、手術が必要になるとも限りません。

実は腰以外の場所が原因で、ヘルニアの様な症状が出ている事も、よくあります。

当整体院にみえた方で、首が原因で足のシビレが出ていた、という事もあります。

しかし、手術の絶対適応もあります。

・膀胱直腸障害がある場合(尿閉がある場合は、緊急性がある)

・重度の運動麻痺がある場合

この場合は、手術が絶対適応になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA