これ↓、腰痛の事実

腰痛について

あなたは、慢性腰痛で悩まれていませんか?

腰が痛くて、整体やマッサージに通っても改善しない、、、

そんな慢性腰痛ですが、どういうものなのか、きちんと知っている人はあまり居ません。

そのため、今回は慢性腰痛についてお伝えしていきます。

 

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

From:整体院より

慢性腰痛とは、「3ヶ月以上続いている腰痛」で、

レントゲンなどの画像検査で原因が見つからなかったものです。

この腰痛ですが、実は、85%は画像検査で原因が分かりません

このことは、厚生労働省と整形外科学会により発表されています、、、

【厚生労働省平成22年国民生活基礎調査の概況より】

腰痛について①

「こんなに痛いのに、辛いのに、なんで原因が分からないんだ!」と、思いませんか?

私も20歳の時、腰痛で悩んでいました。

本当に辛かったです。

もしかしたら、あなたは「原因が分からないのら、検査を受けるだけ無駄」と、思うかもしれません。

でも、あなたの腰痛が”原因のある15%の腰痛”ではない事を確認する事は、とても大切です。

もし15%の腰痛の場合、「腫瘍」「骨折」「化膿」といった、病院でしか治療できない腰痛だからです。

腰痛について②

ちょっと意外な事を言います。

実は、腰痛とは怪我や病気ではありません

腰痛とは、「腰が痛い」という症状のことです。

足の小指をぶつけて、小指が痛い。

虫歯があって、歯が痛い。

これと同じです。

血流の悪化、筋肉の固さ、骨盤の歪み、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、圧迫骨折などなど……。

こういった原因があって起こる、症状の1つが腰痛です。

腰痛について③

では、なんで画像検査で腰痛の原因は分からないのでしょうか?

 

答えは、原因が映らないからです。

画像検査で原因が映らないから、原因が分からないのです。

多くの人は、原因は「目で見える」と思っています。

でも、画像検査も万能ではありません。

画像検査でも、映らない物があります。

それが「筋膜」です。

筋膜は画像検査では、映りません。

レントゲンは、骨しか映りません。

MRIでは、筋肉と一緒の物として扱われています。

そのため、画像検査では筋膜は見えないか、無視されているため、原因が不明とされてしまいます。

何が原因か分からないから、「痛み」という症状に対処することしかできません。

「シップ」「痛み止め」「ブロック注射」などは、全て痛みに対する対症療法でしかないのです。

簡単にまとめると、慢性腰痛とは、

・3か月以上続いている

・画像検査で原因が分からない

これを、慢性腰痛と呼びます。

もう1つ付け加えるとしたら、

・いつから痛くなったのか、分からない、という特徴もあります。

 

慢性腰痛は、いつから痛くなったのか、はっきりと分かりません。

どうして痛くなったのかも、分かりません。

だんだんと痛くなってきてくるので、はっきりと「いつ、なぜ」というのが分からないのが普通です。

もし、はっきりと「●月●日」から痛くなった、と分かったら。

それは、原因のある15%の腰痛の可能性があります。

まずは、病院が嫌いでも、一度、検査は受けてください。

それで原因が分からなかったら、あなたは慢性腰痛の可能性があります。

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご提案

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~22:00(最終受付21:00)

【不定休】

それでも不安なあなたのために……

なぜ半額なのか?

その理由は、たった1つです。

あなたに、これ以上悩んで欲しくないからです。

整形外科・接骨院・マッサージを、何件も渡り歩いてきたと思います。

もう、これ以上、あなたの大切な時間とお金を、無駄にしないでください。

この値段は、そんなあなたのためのものです。

そんなあなたのために、私は誰よりもあなたと向き合います。

あなたの悩みを私に聞かせて下さい。

あなたの「痛み」を改善するために全力で施術いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA