腰痛とは?

腰痛について

いわゆる、慢性腰痛について、お伝えします。

この慢性腰痛ですが、実は、85%は画像検査で原因が分かりません

このことは、厚生労働省と整形外科学会により発表された、嘘のような本当のことです。

【厚生労働省平成22年国民生活基礎調査の概況より】

腰痛について①

「こんなに痛いのに、辛いのに、何故、原因が分からないんだ!」と、思いませんか?

もしかしたら、だったら「検査を受けるだけ無駄じゃん」と、思われるかもしれません。

でも、あなたの腰痛が15%に入っていない事を確認する事は、とても大切です。

もし15%の腰痛の場合、「腫瘍」「骨折」「化膿」といった、病院でしか治療できないからです。

腰痛について②

腰痛とは、基本的には病気ではありません。

あくまでも「腰が痛い」という症状の1つです。

坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、圧迫骨折などなど……。

こういった原因から起こる、症状です。

もちろん、日ごろの疲れからくる腰痛もあります。

腰痛について③

画像検査で原因の分からない腰痛の原因は、なんなのでしょうか?

 

答えは、画像検査で映らない場所が原因です。

画像検査で映らない場所。それは、筋膜の歪みです。

映らない、見えないから原因が不明とされてしまいます。

そのため、何が原因か分からないから、「痛み」という症状に対処することしかできません。

「シップ」「痛み止め」「ブロック注射」など、痛みに対する対症療法しかできないのです。

痛みが長引く理由

では、なぜあなたの腰痛は長引いたり、なかなか改善しないのでしょうか?

腰痛が長引く(慢性化)する要因をお話しします。

要因1:負担(動かし過ぎ)

腰に負担がかかる生活習慣を続けることで、筋肉などの組織が障害されて、腰痛が発生します。 もしくは、同じ動作を続けることで、特定の筋肉に負担がかかり過ぎて、腰痛が発生します。

要因2:安静(動かな過ぎ)

要因1とは逆に、まったく動かなくても腰痛は発生します。 ずっと同じ姿勢でいると、筋膜がその形を記憶してしまい、そのままの状態で固まってしまいます(詳しくは後述)。

要因3:ストレス

ストレスが影響して、腰痛が起きることもあります。

例えば、椎間板ヘルニアも、痛みが強い人と痛みのない人がいます。痛みの現れ方もさまざまです。 こうした痛みには、ストレスが深くかかわっているようです。

さらに、痛みをコントロールするドーパミンシステムという脳のメカニズムです。

ドーパミンの作用は、脳を覚醒させ、快感を覚え、創造性を発揮させます。 痛みのある状況では、痛みを抑制するドーパミンが大量に分泌されて、感じる痛みを軽減させながら身を守ります。これは、もともと脳に備わっている機能です。しかし、日常的にストレスを受け続けていると、脳内物質のバランスが崩れ、このシステムが働かなくなります。するとドーパミンの分泌が減って痛みを抑えられなくなり、ますます痛く感じます。その上、その痛みがストレスとなってドーパミンの分泌がさらに少なくなり、痛みが慢性化するという悪循環に繋がります。

要因4:加齢

年をとると、どうしても筋肉が衰えてしまいます。 そうなると、体を支える力が弱くなり、腰痛が発症しやすくなります。

こういった事が原因で、筋膜の歪みが作られます。

そして、一度作られた歪みは、なかなか元には戻りません。

痛みは、この筋膜の歪みにがいくつも作られた結果、現れます。

あなたが整体、接骨院などに行っても腰痛が改善しないのは、この筋膜の歪みが全部改善されていない可能性があります。

腰痛の痛みを改善するには、原因を見つけ、その原因に対して施術をすることです。

腰痛の施術で大切なことは、「どんな施術を受けるのか」ではなく、「どこを施術するのか」です。

痛みが出る理由

ここで、痛みの原因である筋膜と、筋膜から痛みが起こる原因について、お話しします。

筋膜とは、皮下組織にある白い薄い膜です。張りのあるコラーゲンと伸縮性に優れたエラスチン の、二種類のタンパク質の線維で編み上げられた、網目状のガーゼの様な構造をしています。

英語のFascia [ fǽʃiə ]を筋膜と訳しているため誤解されがちですが、筋肉だけを包む膜ではありません。血管、神経、脂肪、骨、内臓など、身体のあらゆる組織を包み込んで繋ぎ、それらを支える役割を持っています。私たちの身体は、実は筋膜によって形作られています。つまり私たちの身体は、全身の筋膜に、その内部が傷つかないように覆われ、保護されています。私たちの姿勢を維持する力は、かなりの部分を筋膜のネットワークに依存しています。

なので、筋膜は「第2の骨格」とも呼ばれています。

筋膜は脂肪層である浅い所にある浅筋膜と、筋肉との境界に位置する深い所にある深筋膜、筋肉を包む筋外膜、筋肉の中で線維を束ねる筋周膜や筋内膜と、何層にも重なっています。そしてその筋膜に含まれている水分は、筋肉に対して潤滑油として働いています。

つまり、筋膜がないと、正常な筋収縮はされません。

しかし筋膜は、様々な理由から、歪みを生じます。

日頃よく動いている部分の筋膜は、エラスチンがよく伸縮します。 しかしあまり動かない場所のエラスチンは、当然のように動きが悪くなります。するとコラーゲンがエラスチンにまとわりついて凝集し、エラスチンは伸縮性を失ってしまいます。

長時間同じ姿勢でいた時、不自然な姿勢が続いた時、特定の筋肉だけを使った動き、運動不足、はたまたスポーツなどによる過剰な負荷、怪我によるダメージの蓄積などといった様々な理由で収縮して、そして固まり、筋肉と癒着するなどの問題が発生します。膜同士が接していれば、互いに癒着します。コラーゲンが凝縮して固くなったゼラチン状態です。

筋膜は文字通り膜構造で、頭の先から足の先まで、ボディスーツのように全てが繋がって全身を被っています。そのため、筋膜の一か所でできた異常な収縮などを原因として、異常な部分だけでなく、身体の他の部分にまで様々な影響を及ぼすことになります。縮んで歪んだ筋膜は、骨格筋を引っ張って姿勢そのものを歪ませてしまいます。筋膜はこの歪んだ状態、悪い姿勢を形状記憶してしまいます。

また筋膜の歪みは、末梢の血液循環も阻害します。血流の悪化と骨格筋の緊張は、交感神経を刺激します。自律神経系は、このストレスに耐えれません。

そのような生活習慣は、身体の中で活性酸素を発生させて組織の劣化や老化を促進します。 なので、単にマッサージで筋肉の緊張を取ったり、一般的なカイロプラクティックで骨格の歪みを矯正したりするだけでは、本質的な疲労は回復しません。

鶏肉の筋膜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA