体を回すと腰が痛いのは、これが原因

榊 信一

From:整体院より

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院 プロビス整体研究会の榊です。

運動は、好きですか?

私は好きです。

だいたいのスポーツはやったことがあるので、ある程度のルールは知っています(できるかは、別です)。

でも、1つだけちゃんとやったことのないスポーツがあります。

ゴルフです。

機会がなくて、数回だけ打ちっ放しに行ったことがある程度で、ラウンドはしたことはありません。

でも、ゴルフ関連でお悩みの方からは、結構相談をいただきます。

体を回すと腰が痛い、という相談です。

体を回すと腰が痛い①

50代の男性の方からご相談で、こういうのがありました。

このままだと、いつかギックリ腰になるのではないかと、かなり不安なご様子でした。
また、大好きなゴルフができなくて、ストレスが溜まるとも言われました。

この方に、お願いをして、体を軽く回していただきました。
右には普通に回せますが、左には右の半分くらいしか回せませんでした。

こういう時に一度試してもらいたいのは、”大殿筋”のストレッチです。

体を回すと腰が痛い②

 大殿筋とは、お尻の1番表面にある大きな筋肉です。
 お尻を触った時に、一番最初に触れる筋肉です。

 なんで、お尻の筋肉が腰痛に関係あるの? と、疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 大殿筋は、筋膜という膜で腰の筋膜と繋がっています。

 そのため、大殿筋が固くなると筋膜を介して、腰を引っ張ってしまいます。
 イメージとしては、子供に服の下の方を引っ張られたまま体を回そうとしても、突っ張って上手く回せないのと同じです。 

体を回すと腰が痛い③

大殿筋のストレッチをお伝えします。

①仰向けに寝て、両膝を立てます。
②ストレッチしたい方の足首を、反対側の太ももに乗せます。
③その状態のまま、両手で足首を乗せた方の太ももを持って、体に引き付けます。

体を回すと痛い人は、一度行ってみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA