朝、起きる時に腰が痛い

榊 信一

From:近所のドトールコーヒーから

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

あなたは、朝、スッキリと起きれますか?

私は、起きれます。

朝型なので、朝には強いんです。

でもその代わり、夜にはとても弱いんです……。

最近は少しマシですが、前は23時になると、眠くて眠くて、ダメでした。

友人からも、

「23時だけど、大丈夫か?」

と、20代の頃から言われています。

 

今は、朝の6時くらいに起きています。

前日やれなかったデスクワークをやったり、軽い運動をしています。

布団からも、スッキリと起きれます。

でも、腰が痛くて、朝、スッキリと起きれない。

そんなご相談をよくいただきます。

朝、起きる時に腰が痛い①

年齢、性別関係なく、多い症状だと思います。

あなたも、この様な経験をされたことがあるかもしれません。

朝起きた時、痛くて起き上がれない。
ただでさえ憂鬱な朝が、より憂鬱になります。

これ、実は”首の筋肉”が原因なんです。

朝、起きる時に腰が痛い②

「首の筋肉? 腰が痛いのに、関係あるの?」
と、実は私も昔思っていた時期があります。

たしかに、腰が痛い原因が首なんて、変な話です。

例えば、座ったままでもいいですし、同じ様に、寝たままでも構いません。
その状態で、誰かに頭を軽く抑えてもらってください。

そしてそのまま、頭を一切動かさないで、立ち上がる、もしくは起き上がってみてください。

 

できましたか?

できた人は、頭を動かしています。
少しも頭の位置を変えてはいけません。

 

普通は、絶対にできません。
と、いうのも、この動作はまず、”最初に首を動かして”からできる動作なんです。

そのため、頭を固定したままでは動くことができないのです。

朝、起きる時に腰が痛い③

「でも、痛いのは腰だけど……」

 実は、腰の筋肉は筋膜という膜で、腰の筋肉と繋がっています。
 そのため、その繋がりを介して”首の痛みが腰に現れる”のです。

朝、起きる時に腰が痛い④

 首のストレッチです。

 ①伸ばしたい側の腕を背中に回します。
 ②反対側の手を頭に乗せて、そのままゆっくりと同じ側に引っ張ります。
 ③首の向きを変えることで、伸ばす位置を調整できます。

 朝、起きる時に腰が痛い人は、一度試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA