腰痛で冷やす? 温める? 迷ったら、、、

あなたは、どっちにしたらいいか、迷ったことはありませんか?

例えば、買い物に行って、AとBの商品のどっちを買うか、、、

カタログやネットで、これを買おうと決めても、実際に商品を目にすると目移りする。

お昼はあの店に行こうと思っていても、途中で見かけた違う店が気になる。

こんなこと、ありませんか?

同じ様なことで、腰痛は冷やした方がいいのか、温めた方がいいのか。

迷ったことはありませんか?

腰痛には、冷やした方が効果的な時と温めた方が効果的な時があります。

今回は、このことについてお伝えしていこうと思います。

 

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

腰痛で整形外科に行くと、シップや痛み止めが処方されます。

シップも痛み止めも、痛みを抑えるだけで、何の問題解決になっていません。

それよりも、まずは冷やすか温めるのかをした方が、問題解決に近づきます。

では、腰痛になった時。

冷やした方がいいのか。

それとも温めた方がいいのか。

あなたはどちらだと思いますか?

冷やす? 温める?①

この内容は、皆さんからとてもよくご相談をいただきます。

このご相談をいただいた時、私はこの様なことを聞きます。

「お風呂に入って、腰痛が改善するかどうか?」を、必ず聞きます。

お風呂に入ると、身体が温まります。

身体が温まって、腰痛が改善するのか? それとも痛みが強くなるのか?

これを聞くと、どうすればいいのか分かります。

ただ、最近はシャワーのみの方も居ます。

その様な方には、いつから腰が痛いかを聞きます。

この2つの質問で、だいたい腰痛の時「温めるのがいいのか?」「冷やすのがいいのか?」が分かります。

冷やす? 温める?②

まず、腰痛を「冷やす」場合です。

冷やす場合は、痛い場所が”熱を持っている”時です。

痛い所を触っていただいて、熱を持っていたり、軽く触っても痛いようでしたら、その場所はおそらく熱を持っています。

熱を持っている場合、そこを温めてしまうと、余計に熱を持ってしまい、痛みが悪化してしまいます。

そして痛みが出ているのは、痛みが出た日~7日以内です。

ぎっくり腰の様な、急性腰痛は傷めた場所が熱を持っています。

今まで腰痛がなかったけれど、急に歩けない腰痛になった。

〇〇をしていて、腰痛になった。

慢性腰痛だけれど、急に痛みが強くなった。

こんな場合は、急性腰痛になった可能性があります。

こういった場合は、まずは痛い場所を冷やしてください。

痛い場所を冷やして3日間くらい安静にしていれば、熱が引いてきます。

ですが、もし冷やしても熱と痛みが、3日以上まったく変化しないか、痛みがだんだんと強くなる様であれば。

その時は、骨が折れていたり、骨が化膿している可能性があるので、病院に行って検査を受けてください。

冷やす? 温める?③

次に、腰痛を「温める」場合です。

お風呂に入った時に痛みが減ったり、楽になった場合は、温めてください。

もしくは、熱を持っていない痛みが1ヶ月以上続いている場合は、温めてください。

基本的に痛みが長く続いている場所は、血の流れが悪くなっています。

そのため、温めて血の流れを良くしてあげると、痛みが改善します。

他にも軽く身体を動かして痛みが軽くなる様なら、こちらも温めてください。

 

もしあなたが、腰痛を「冷やした方がいいのか」「温めた方がいいのか」で悩んでいるのなら。

参考にしてみてください。

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご提案

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~22:00(最終受付21:00)

【不定休】

それでも不安なあなたのために……

なぜ半額なのか?

その理由は、たった1つです。

あなたに、これ以上悩んで欲しくないからです。

整形外科・接骨院・マッサージを、何件も渡り歩いてきたと思います。

もう、これ以上、あなたの大切な時間とお金を、無駄にしないでください。

この値段は、そんなあなたのためのものです。

そんなあなたのために、私は誰よりもあなたと向き合います。

あなたの悩みを私に聞かせて下さい。

あなたの「痛み」を改善するために全力で施術いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA