効率よく痩せる

榊 信一

From:整体院より

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

「30歳から32歳までが、一番太っていました」

昔から、よくスリムと言われます。

高校生の頃の体重は、だいたい55キロでした。

大学の時は60キロくらいで、スリムと言うよりも、痩せていました。

20代の頃も60~65キロを維持していました。

特に何をする訳でもなく、自然とキープできていました。

ですが、30歳を超えると……。

ヤバかったです。

おそらく、体重は75キロくらいはあったと思います。

特にお腹が……。

そして今は、60~65キロの間です。

何をしたのかと言うと、仕事です。

もの凄い忙しい時期があり、2週間、あまり食べないでずっと仕事していました。

その結果。

10キロ程、痩せ――やつれました。

その後、徐々に食事制限などをしながら、5キロ程落として、今の状態です。

ダイエットの最大のやり方は、食べないで動く。

これだな、と思いました。

ですが、こんな事をしなくても、効果を出しやすくする方法はあります。

効率よく痩せる①

女性や、意外と中年以降の男性からも多いご相談です。

体重が増えたから、腰痛になった。

こう言われる方は、とてもよくいらっしゃいます。

でも、ちょっと待ってください。

本当に、体重が増えたから、腰が痛くなったのでしょうか?

効率よく痩せる②

腰痛は、姿勢と関係があります。

特に、一日中デスクワークの場合、運動量が少ないので、カロリーが消費されません。

そのため、消費カロリーが摂取カロリーよりも少なく、太りやすくなります。

また、上の絵からも分かる通り、実は、座った姿勢の方が立った姿勢よりも、腰への負担が多くあります。

主婦の方の場合、料理、掃除など、一日の中でかなりの時間、前かがみの姿勢で居るため、さらに腰に負担がかかります。

つまり、

摂取カロリー 消費カロリー + 腰へ負担のかかる姿勢=腰痛

です。

効率よく痩せる③

まず腰痛を改善するためには、姿勢を正す必要があります。

そして次に、摂取カロリー < 消費カロリーにする必要があります。

摂取カロリー < 消費カロリーにするには、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすか。

どちらかになります。

摂取カロリーを減らすには、単純に、食べる量を減らすだけです。

消費カロリーを増やすには、運動する、もしくは代謝を上げるます。

代謝を増やすには、血流を良くする必要があります。

効率よく痩せる④

血流を良くするには、どうすればいいでしょうか?

まず、運動する。

そして、体を温める。

だいたい、この2つです。

しかし、忙しくて運動できない。

そう言われる方も多いと思います。

なので、そういった方は、なるべく体を冷やさず、体を温める必要があります。

例えば、冷たい飲み物、食べ物を控える。もしくは、体を温める飲み物、食べ物を摂取する。

これだけでも、変わってきます。

そして、プロビス整体研究会で使っているミネラルクリームを使う。

このクリームには、血流改善のエビデンスがあるので、塗るだけで、血流を改善することができます。

体のどこに付けても、血流は改善します。そしてその様子は、末梢血流観察装置「B-SCAN」によって、観察することができます。

血流が改善することで代謝が上がり、体が痩せやすい体質へと変わっていきます。

そうすると、同じ運動量でもより痩せやすくなり、また、同じ量を食べても太りにくくなってきます。

クリームにプラスして、運動と食べ物に気をつけると、より効果は高まります。

しかし、クリームを付けるだけで、本当に血流が改善するのか?

気になる方は、是非一度、ご来院ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA