●●の前にストレッチ。←これストレッチの間違い

腰痛を改善・予防するために、ストレッチをしたことがありますか?

youtubeやテレビ、雑誌でやり方を見て、試したことはありませんか?

他にも、部活や運動する前などでストレッチをしたことはありますか?

でも、90%以上の人がストレッチのやり方を間違えています。

その理由とは、、、

 

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

本屋に行って、健康系の本が置いてある所に行くと、1冊はストレスの本が目に映ります。

これだけストレッチの本が溢れているのですが、どの本も、肝心なことを言っていません。

それは、ストレッチを行ってはいけないタイミングです。

実は、ストレッチを行うことで、ケガをしやすくなるタイミングがあります。

でも、ほとんどの本はそのことについて触れていません。

そのタイミングとは、、、

 

運動をする前

 

です。

部活の前や運動する前に、かなりの方はストレッチをしていると思います。

ですが、身体を伸ばす、静的ストレッチは逆効果になります。

これには、3つの理由があります。

1.筋肉の栄養を使い切る
2.筋肉が疲労して、パフォーマンスが30%下がる
3.疲労すると、ケガをしやすくなる

このことは、兵庫教育大学の山本忠志教授や、酪農学園大学の山本太一准教授達が発表しています。

つまり運動前にストレッチをすると、筋肉が疲れてしまうので、逆効果になってしまいます。

下手をすれば、ストレッチで筋肉の栄養を使い切ってしまい、ヘロヘロの状態で動かされているため肉離れや、腰痛になります。

では、どうするのが正解なのでしょうか。

それは、静的ではなく動的なストレッチを行ってください。

動的ストレッチとは、動きながらするストレッチです。

ラジオ体操とか、軽いランニングとかそういったのが、動的ストレッチになります。

ゆっくりと身体を動かした方が、運動前には効果的です。

 

静的ストレッチは、いつ行うのがいいのか。

それは、お風呂あがりです。

この時に行うのが、もっとも効果的です。

後は寝るだけなので、少しくらい筋肉の栄養を使っても問題はありません。

なにより、血の流れが良くなっているのと、筋肉が温まって柔軟性が上がっているので、もっとも効果が出ます。

では、どの様にトレッチをすればいいのかというと、ポイントを7つ、お伝えします。

1.息を止めずにゆっくりと吐きながら伸ばしていく
2.反動・はずみはつけない
3.伸ばす筋肉を意識する
4.張りを感じるが痛みのない程度まで伸ばす
5.20秒~30秒伸ばし続ける
6.筋肉を戻す時はゆっくりと、じわじわ戻っていることを意識する
7.一度のストレッチで1回~3回セット行う

この7つのことを意識して、ストレッチを行ってみてください。

なんとなくストレッチをするのではなく、気を付けて行うと効果が上がります。

特に1番と3番が重要なので、この2つだけでも気を付けてください。

 

もしあなたが、腰痛の改善・予防の目的でストレッチを行うのであれば、

あなたの腰痛の原因、もしくは一番弱い場所にストレッチを行うと、もっと効果が上がります。

 

あなたの腰痛の原因、一番弱い場所が気になるのなら。

一度整体を受けに来てくださいね。

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご提案

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~22:00(最終受付21:00)

【不定休】

それでも不安なあなたのために……

なぜ半額なのか?

その理由は、たった1つです。

あなたに、これ以上悩んで欲しくないからです。

整形外科・接骨院・マッサージを、何件も渡り歩いてきたと思います。

もう、これ以上、あなたの大切な時間とお金を、無駄にしないでください。

この値段は、そんなあなたのためのものです。

そんなあなたのために、私は誰よりもあなたと向き合います。

あなたの悩みを私に聞かせて下さい。

あなたの「痛み」を改善するために全力で施術いたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA