重たい物を持つ時、腰痛を予防したいと思っているあなたへ

あなたは重たい荷物を、どれくらい持ちますか?

毎日。2日に1回。3日に1回。

人によって、この頻度は違います。

毎日食材を買いにいかれる方もいますし、まとめて買われる方もいます。

個人的に、3キロくらいからが重たい荷物かな、と思っています。

もちろん、人によってこの基準は違います。

ただ、長時間持つことを考えると、3キロまでかなとは思っています。

これ以上は、最初は良くてもだんだんと辛くなってきます。

この重い荷物を運ぶ時、怖いのはやっぱり腰痛です。

今回は、重い荷物を持つ時の注意点をお伝えします。

 

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

日常生活で重たい物を持つ機会は、意外とあります。

買い物だったり、掃除だったり。

後は、子供や孫の抱っこです。

孫に抱っこをせがまれて持ち上げた結果、腰を痛めた。なんて話もよく聞きます。

工事現場で働かれている方だと、30キロくらいするものを、1日に何十回も運びます。

持つ物の重量がある分、重たい物を持つ時は腰に掛かる負担も大きく、普段から姿勢やケアには気を付けないと、ぎっくり腰などになる可能性が高くなります。

まず重たい物を持つ時に大事なのは、姿勢です。

基本は、この様な姿勢で荷物を持っていただくのが1番安全です。

背中が曲がった状態で物を持つのは、最悪です。

背中が丸まった状態で荷物を持つと、腰に物凄い負担がかかります。

背中が曲がった状態で荷物を持つ場合、腰には体重の2,2倍もの負荷が掛かります。

この状態で身体を捻ったりしたら、一発でぎっくり腰になることもあります。

毎回背中が曲がった状態で荷物を持ち上げていれば、いずれ必ずぎっくり腰や腰痛になります。

まずは、姿勢を気を付けましょう。

それが一番の腰痛予防になります。

そして、肉体の疲労はどうしても溜まります。

そのために、日々のケアも大切になります。

 

もしあなたが、重たい物を持つ時に、腰痛を予防したいのなら。

まずは、姿勢を気を付けてください。

姿勢が悪いと、何度も何度も腰痛を繰り返すことになります。

そしてその後、整体などの日々のメンテナンスを行う様にしてください。

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご提案

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~22:00(最終受付21:00)

【不定休】

それでも不安なあなたのために……

なぜ半額なのか?

その理由は、たった1つです。

あなたに、これ以上悩んで欲しくないからです。

整形外科・接骨院・マッサージを、何件も渡り歩いてきたと思います。

もう、これ以上、あなたの大切な時間とお金を、無駄にしないでください。

この値段は、そんなあなたのためのものです。

そんなあなたのために、私は誰よりもあなたと向き合います。

あなたの悩みを私に聞かせて下さい。

あなたの「痛み」を改善するために全力で施術いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA