運転していると、腰が痛くなるあなたへ

あなたは車の運転はされますか?

車を運転している姿勢は、実は立っている姿勢よりも腰に負担がかかります。

背中や腰丸まり、首が前に突き出ている姿勢なってしまうので、上半身の体重が腰に全部かかります。

そのため、長時間運転していると、だんだんと腰が痛くなってきます。

今回は、そんな運転している時に起こる腰痛についてお伝えしていこうと思います。

 

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

仕事や私生活で車によく乗る人は多いと思います。

乗る時間が30分くらいなら問題はありません。

でも、向かう場所によっては2時間、3時間は当たり前。

ドライバーの方だと、1日中運転しています。

運転中は集中しているのであまり分かりませんが、長い時間運転していると、だんだんと姿勢が崩れてきます。

しかも身体を動かすこともできないので、筋肉もだんだんと固まっていきます。

筋肉 + 姿勢で、腰には物凄く負担や疲労が溜まります。

その結果、腰に痛みが出てきます。

こんな腰痛を防止するためには、

・小まめな休憩
・姿勢を整える
・できる範囲で身体を動かす

ことが大切です。

特に姿勢を気を付けることで、腰への負担を減らすことができます。

運転時の理想的な姿勢としては、腰の後ろにクッションを入れたり、椅子の角度を調節したりします。

ほとんどの方は、図の左側のように腰が曲がった状態で座っています。

この姿勢だと、骨盤が後に傾き、上半身の体重が全部赤丸の部分にかかります。

他にも、大腰筋、大殿筋、中殿筋、僧帽筋、広背筋などの筋肉が固まり、より腰痛になりやすくなります。

なるべく腰に負担を掛けないためにも、運転中の姿勢は、背骨が「S字」になるようにします。

図の左側は背骨が「C字」になっています。

図の右側は背骨が「S字」になっています。

しっかとりと背骨が「S字」になっていれば、背骨にかかる負担が分散され、腰への負担も減ります。

 

もしあなたが、運転をする時間が長かったり、運転をしていると腰が痛くなるなら。

固まりやすい筋肉をストレッチしたり、姿勢に気を付けてみてはいかがでしょうか。

あなたが、自分の固まりやすい筋肉を知りたければ、一度整体の体験に来てください。

そのため、腰にクッションを入れたり、椅子の角度を調節するなど、姿勢を気を付けることで、腰痛の予防になります。

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご提案

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~22:00(最終受付21:00)

【不定休】

それでも不安なあなたのために……

なぜ半額なのか?

その理由は、たった1つです。

あなたに、これ以上悩んで欲しくないからです。

整形外科・接骨院・マッサージを、何件も渡り歩いてきたと思います。

もう、これ以上、あなたの大切な時間とお金を、無駄にしないでください。

この値段は、そんなあなたのためのものです。

そんなあなたのために、私は誰よりもあなたと向き合います。

あなたの悩みを私に聞かせて下さい。

あなたの「痛み」を改善するために全力で施術いたします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA