ブロック注射とは?

ブロック注射とは?

腰痛で、痛み止め、シップ、マッサージ、電気が効果が現れない方が選択されるのが、

ブロック注射

です。

ブロック注射は、痛む場所の神経付近に麻酔薬を注射して、痛みを抑える方法です。

「ブロック注射は一時的な麻酔にすぎず、薬が切れたら元の状態に戻る」と思われがちですが、ブロック注射の治療効果は「一時的な麻酔」だけではありません。

ブロック注射の重要な効果は、麻酔によって興奮した神経を落ち着かせ「痛みの悪循環」を断ち切ることにあります。

「痛みの悪循環」とは「痛み」→「痛みで神経が興奮」→「血管や筋肉が緊張」→「血行が悪化」→「痛みが増す」というサイクルを指します。 麻酔で「痛みの悪循環」を断ち切り、血行が改善されると麻酔が切れても、注射前と比べて患部の状態が改善されているため痛みが和らぎます。

本当に効果があるの?

もし、あなたの腰痛の原因が痛む場所や、痛む場所の付近にあるのなら、効果があるでしょう。

また、「痛みの悪循環」を断ち切ることができるのなら、痛みが改善する可能性はあります。

ですが、あなたの腰痛の原因が痛む場所のになかったら、効果はあると思いますか?

 

もちろん、一時的に痛みは改善するでしょう。

「痛みの悪循環」も、上手く断ち切れればいいのですが、断ち切れなかった場合はどうでしょうか?

良く話を聞くのが、「その時は良くなったけど、また痛くなった」です。

痛みの改善のために

痛みの改善のために何を選択するのかは、個人の自由です。

選んだもので腰痛が改善する可能性は十分にあります。

ですが、選択する時に安易に選択はしないで欲しいと思います。

整形外科学会や厚生労働省も、「腰痛の85%原因が不明」と言っています。

病院の検査では、15%しか腰痛の原因が分からないのです。

例えば、明らかな病変が画像検査で見付かったのなら、まずは必ず病院に行って下さい。

しかし、病院で改善しなかったり、画像検査で異常が見つからなかった場合は、原因が腰にない可能性があります。

腰痛の施術で大事なのは、「どんな治療をする」のではなく、「どこを治療するのか」です。

まずはあなたの腰痛の本当の原因がどこにあるのか、それを見付けてから腰痛の治療を受けられてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA