MENU

身体を反ると、腰が痛い原因

 

身体を反ると腰が痛い時に多い原因

身体を反る時に腰に痛みが出るのは、主に首や肩甲骨が原因となっていることが多くあります。

首や肩甲骨が固くなると、背骨の動きが悪くなってしまいます。

身体を反る時は、首、胸、腰が連動して動きます。

そのため、首や胸の動きが悪くなると身体を反る事ができなくなります。

腰だけで無理矢理に身体を反るため、腰に痛みが出てきます。

 

 

この腰痛になりやすい人

この様な腰痛になりやすい人は、姿勢が悪い人やスマホやパソコンを使っている時間が長い人に多く起こります。

姿勢が悪かったり、スマホやパソコンを使っている時は、頭が前に突き出て首に負担がかかり、肩の動きがないので肩甲骨が固まります。

そのため、事務職や運転手、1日に1時間以上スマホの画面を見ている人が、なりやすい腰痛です。

 

 

腰痛の予防方法

この腰痛にならないためには、なるべく小まめに首や肩を動かす必要があります。

1時間ごとに休憩をとって、首を回す、肩を回すなどの運動を行ってください。

他にも、首や肩周りのストレッチを行うのも効果的です。

 

 

Call Now