MENU

保育士の腰痛

  • 保育士の仕事は腰を曲げることが多いので気づかずに腰痛になりやすい。
  • 抱っこは保育士の腰痛の原因No1。
  • テーブル・椅子やその他大きい物の移動も腰痛を発生させる原因になる。

 

オムツ交換

オムツを交換する時は、ずっと低い位置や中腰姿勢で仕事を行っています。

腰を曲げたままの姿勢で子どもを手で移動させる、オムツをとるために体をひねるなどの動作は、腰へと負担がかかり腰痛へとなります。

1回ならばよいですが、保育園は毎日、多くの子どもを見ているので、徐々に疲労が蓄積していき、気づかずに腰への負担が増えています。

 

トイレ、着替え

トイレの時も自分で行ける子どもは良いですが、手助けが必要な時期の子どもはとても大変です。

この時も中腰での動作が、腰痛の原因となっています。

 

抱っこ

保育士の腰痛の中で、1番の原因かもしれません。

抱っこは切っても切り離せない仕事のうちです。

乳児の場合、散歩行くのに抱っこしてカートに乗せる作業は、なんと5kg以上の荷物を積み込むのに匹敵します。

幼児になると、抱っこする頻度は減りますが、乳児よりも体重が増えているため、腰痛になりやすくなります。

また、抱っこするだけならともかく、抱っこしながら何か作業をするというのが、1番の腰痛の原因になります。

物を取る、体制を変えるなどの、体を捻る動作がどうしても必要になってきます。

そのため、日々、腰に負担がかかっている状態で、何気なくちょっと物を取ろうと、抱っこしたまま無理な体制でスッと体を捻った瞬間・・・

 

こんな風にぎっくり腰になってしまうというケースは非常によくあります。

 

テーブルなど運び作業

これも腰痛の原因になりやすい作業です。

抱っこ、おむつ替え、子どもとの関りで腰を曲げたまま仕事した後に、テーブルなどの重たいものを運ぶ作業をすると、疲労した腰にさらに負担がかかり、腰痛やぎっくり腰の原因になります。

テーブルや椅子が重かったり、数が多い、制作が大がかりな園では、腰への負担もかなりのものになります。

大々的な運び作業は保育後に行うことが多いので、疲れた体に力仕事という環境にもなります。

疲れているとついつい無理な体制や力が入らないことがあるので、ますます腰痛になりやすくなります。

 

保育士腰痛の原因として多いのは、大腰筋、大殿筋、広背筋といった、身体を支えたり、身体を回す時に使われる筋肉です。

日々のケアを行うことで、疲労を軽減し腰痛の予防にもなります。

Call Now