MENU

事務職の腰痛

腰痛の原因では、デスクワークの方が立ち仕事よりも多くなっています。

「座っていると楽」と思いがちですが、実はそうではありません。

実は座っているほうが立っているよりも腰に負担がかかり、腰痛を発生させています。

真っすぐ立っている状態で腰にかかる負担を100とすると、座っている状態では140と、真っすぐ立っている状態よりも40%も腰に負担がかかっています。

また、座りっぱなしの姿勢を続けると、血流の悪さから腰痛になることもあります。

さらに同じ姿勢でずっと座っていると、同じ場所に負担がかかり続けます。

その結果、その場所が原因で腰痛になってしまいます。

デスクワークや座っている時間が長い人で腰痛に悩んでいる人は、「座りっぱなしだからこそ腰痛になった」と思ってください。

すぐにできる腰痛対策としては、デスクや椅子の高さを調節して、腰に負担がかかりにくい環境をつくり、腰への負担が少ない姿勢で作業することです。

また職場だけでなく、自宅や乗り物の中での姿勢にも注意を払い、腰にやさしい生活習慣を身につけるとより効果的です。

事務所の腰痛で多い原因は、大殿筋、大腰筋、僧帽筋などの筋肉です。

これらの筋肉は、座っているときに固くなったり、座っている時に身体を支えている筋肉です。

これらの筋肉が固まることで腰痛になることが多いので、寝る前などにこれらの筋肉のケアを行うと、腰痛にもなりにくくなります。

Call Now