1. TOP
  2. 運転手の腰痛

運転手の腰痛

運転手の腰痛

シートが柔らかすぎる

車のシートが柔らかいと、座り心地が良さそうな気がしますが、お尻が沈み込んでしまい、正しい姿勢を保つのが難しくなります。

お尻が沈み込んでしまうと、バランスをとるために猫背になってしまいます。猫背の姿勢を長時間続けてしまうことで、腰への負担が大きくなります。

長時間運転することの多い方は、シートが適度に硬いものを選ぶ方が腰痛の予防になります。

長時間座りっぱなし

座っていれば楽なわけではなく、長時間座りっぱなしで運転することの多いドライバーは腰痛を引き起こしやすくなります。

車という狭い空間ですので、運転している間座る姿勢以外とることができません。どんな姿勢でも、長時間固まったままだと体に負担が生じてしまいます。

さらに、座っている姿勢は立っている姿勢よりも腰に負担がかかっています。

 

運転手の腰痛の原因で多いのは、猫背の原因にもなる、大腰筋、広背筋、首の筋肉です。

なるべく小まめ休憩を取って、身体を動かす様にすると腰痛の予防になります。

他にも、荷物の上げ下ろしが多いと、余計に腰に負担がかかっています。

荷物を持つ時の姿勢や、大殿筋などの身体を支える筋肉に対しても、ケアを行うと、より腰痛の予防になります。

Call Now