MENU

農林水産省の調査では2014年時点の日本の農業従事者数は約226万人、平均年齢は66・7歳。

滋賀医大が長野県で主に白菜を出荷する農業従事者300戸を対象にアンケート調査をしたところ、平均年齢は51・8歳で、約半数が腰痛の問題を抱えており、6人に1人が治療中と回答しました。

腰痛の原因となる作業は、例えば白菜の場合、出荷の時の重量物の運搬、苗の植え付けや収穫時に中腰の姿勢でしゃがみ、腰を曲げ背中を丸める姿勢を長時間続けるといったものです。

この様な作業を続けていると、背中や腰の筋肉は常に働いているので疲労してしまいます。同じ姿勢での長時間の作業が長い年月に及ぶと、筋肉が炎症を起こす疲労性腰痛が生じやすくなってきます。

農業の腰痛は、工夫である程度予防ができます。

例えば、地面にしゃがみ込まないよう小さな椅子を使う、背中や腰の筋肉を休ませるために作業の途中でストレッチを行う、重い物を抱えて運ぶ距離を短くするようローラーコンベヤーを使用する―などです。

他にも、地面に片方の膝をついて上体を起こす姿勢を取るだけでも、腰や背中の筋肉の疲れが軽減されます。

 

Call Now