1. TOP
  2. 看護師の腰痛

看護師の腰痛

看護師の腰痛

看護師の仕事は、立ちっぱなしなうえ、患者さんの介助や移動など力を使う業務が多くあります。

中腰での作業や身体を捻る動きなども多いため、足腰への負担が大きく、腰痛を起こしてしまう人も少なくありません。

慢性的な腰痛に悩む看護師さんも多く、看護師にとって腰痛は職業病とも言えるでしょう。そうは言っても、重症になれば業務に支障が出てしまうこともあります。できるだけ腰痛にならないよう予防や改善対策を行っていくのが大切です。

看護師の職場における腰痛は、多くの業種および作業において見られ、全国で業務上の疾病の約6割を占めています。

その中でも社会福祉施設や医療保健業などの保健衛生業は、比較的、腰痛の発生の多い職場となっています。

保健衛生業で発生する業務上疾病全体の約8割は腰痛です。

実は、国の統計上では医療保健業は、社会福祉施設よりも腰痛の発生が少ないという結果となっているのですが、これは看護職の場合、「患者さんの生命に関わる仕事」という意識があり、「腰痛は職業病だから」と考え、腰痛があっても休まずに無理をしてしまう傾向があるためです。

また、看護職の腰痛に関する調査では、腰痛があっても労災申請しないと回答した人が8割を占め、その理由について申請していない看護職の6割が、腰痛で労災申請できるという認識がないと回答しています。

しかし、看護職の5~7割が腰痛を抱えているとの調査結果もあり、潜在的な腰痛の実態は深刻といえます。さらに、腰痛の有無は看護職の離職意向にも優位に影響しているため、看護職場における腰痛予防は人材を確保する意味でも重要な課題といえるでしょう。

Call Now