MENU

座っていると腰が痛くなる

デスクワークの最中に腰が痛くなってくると、痛みで仕事に集中できなくなってきます。

この様な腰痛で多いのが、腰から背中の真ん中あたりに痛みが出てきます。

これは、座っている時に身体を支えている筋肉が衰えている、もしくは疲労しているからです。

人は身体の真ん中に背骨があり、背骨と筋肉で身体を真っ直ぐに支えています。

しかし、筋肉が衰えてたり疲れてくると、筋肉の身体を支える働きが弱くなり、背骨だけで身体を支えなくてはいけなくなります。

そして背骨だけで身体を支えていると、今度は背骨を支えている筋肉に負担がかかるようになります。

その結果、背骨を支えている筋肉に痛みが出てきます。

 

座っている時に腰が痛くなる原因の筋肉

座っている時に腰が痛くなる原因は、主に骨盤を支えている筋肉が衰えていたり疲れているからです。

骨盤を支えている筋肉には、大殿筋や中殿筋、大腰筋などがあります。

これらの筋肉の骨盤を支えている力が弱くなると、背骨や背骨を支えている筋肉だけで身体を支えなくなり、背骨近くの筋肉に痛みが出てきます。

 

予防方法

骨盤を支えている筋肉の力が落ちているため、大殿筋や中殿筋、大腰筋のストレッチや筋トレを行って、骨盤を支える力を付ければ、この様な腰痛は改善していきます。

特に大殿筋や大腰筋の力を付けると、様々な腰痛の予防にもつながります。