MENU

ヘルニアの原因

ヘルニアとは?

背骨のクッションの役割をしている椎間板が飛び出てしまったものを、椎間板ヘルニアと呼びます。

飛び出た椎間板によって神経が圧迫されることにより腰痛、脚の痛みやしびれ、ひどい場合には感覚が無くなってしまったり、足が動かせなくなってしまう事もあります。

背骨は頚椎・胸椎・腰椎に分けられ、その全てに椎間板が存在しますが、構造的に負担がかかりやすい頚椎と腰椎にヘルニアがよく発生します。

20~40歳代のどちらかと言えば男性に多くみられます。

 

なぜヘルニアになる理由

【ヘルニアの痛みが強くなる原因】

椎間板ヘルニアの主な原因は椎間板への負担です。

椎間板は、髄核と呼ばれる軟らかい組織と、それを覆う線維輪と呼ばれる硬い組織でできています。

椎間板に大きな負担がかかると線維輪が破綻し、そこから軟らかい髄核が突出してきます。そして突出した髄核が神経に当たると様々な症状が現れます。

椎間板への負担が椎間板ヘルニアの主な原因ですが、喫煙や遺伝なども発症に関わると言われています。

特に喫煙をしていると、ヘルニアになる可能性が上がる、という研究報告が出ています。

椎間板は10歳を過ぎたころから老化が始まってしまいます。加齢に伴う椎間板の老化の過程でもヘルニアは生じますが、急に重い物を持ち上げる、中腰といった日常の動作、激しいスポーツなどの腰への負担がきっかけでヘルニアとなることも多くあります。

また、喫煙、遺伝(同一家系内に発症しやすい)の他にも、精神・社会的側面(不安、抑うつ、結婚生活)や、仕事に対する姿勢(仕事上のストレス、仕事への集中度や満足度、失職)などが深く関与していることが分かってきました。

特にストレスがあると、ヘルニアの痛みが強くなると、1994年にスイスのチューリッヒ大学によって発表されました。

 

ヘルニアのウソ、ホント

今までの話は、一般的に言われているヘルニアの話です。

実は、ここに「ウソ」があります。

それが、ヘルニアがあると腰に痛みが出る、ということです。

 

ヘルニアの原因と言われている髄核は、柔らかい組織です。

そのため、この髄核に神経が圧迫されても痛みや痺れは、ほとんどの場合現れません。

スポンジで指を潰しても痛くないし、痺れたりもしません。

髄核はゲル状の物質で、スポンジとほとんど同じ柔らかさです。そのため、髄核に神経が圧迫されても痛みや痺れはほとんど出ません。

だったら、なにが原因で痛みやしびれが出るのでしょうか?

 

それが筋膜です。

⼈の体は全⾝「筋膜」で包まれています。筋膜とは、皮膚の下にある白い薄い透明な膜で、ボディースーツの様に全身を覆っています。

腰痛の原因は痛みのある部分にはほとんどなく、実はその痛みのある部分を引っ張ったり硬くなってしまっている筋膜の硬さから来ています。

筋膜の歪みはケガや⼿術、⻑時間同じ姿勢でいる、仕事による筋⾁に負担がかかるなどの原因で起こります。

筋膜が歪んだ結果、血液の流れが悪くなり、水分が不足して乾燥して、筋膜が他の筋膜や血管、神経と癒着してしまいます。

そして、筋膜の歪みによる痛みは、歪んだ場所ではなく、離れた場所に痛みが現れます。

ほどんどの腰痛やヘルニアは、痛みがる場所に原因がない可能性が極めて⾼いということです。

そのため、ヘルニアも手術しても痛みが全く変わらない、という方がかなりいます。

また、ヘルニアの90%は手術がいらない、と言っている医師もいます。

ヘルニアを改善するには、まずは今現在の痺れや、痛みの原因を見付けることが重要です。

 

ヘルニアはどうすれば改善するのか?

ヘルニアの90%は手術をしなくても改善すると、アレックス脊椎クリニックの吉原潔院長が言われています。

⽇本⼈の腰痛はここ数年1000万⼈を超え、10⼈に1⼈が腰痛持ちで約90%の⼈が⼈⽣で⼀度は腰痛を経験すると⾔われています。

厚⽣労働省の発表では腰痛のない健康な⼈を対象とした研究の結果、85%の⼈に椎間板の変性があり、さらに76%に椎間板ヘルニアが発⾒されたというデータがあります。

さらにヘルニアがある⼈の約80%は痛みを感じておらず、実際にヘルニアが腰痛の原因になる例は、腰痛全体のわずか2〜3%です。

つまり椎間板の変形やヘルニアがあるからといって必ず痛みが生じる訳ではないということです。

ただし、自力で尿を出すことができなくなったり、重度の足の筋力低下がある場合は、なるべく早く手術をする必要があります。

 

病院で行われる手術以外の治療方法は、理学療法(マッサージ、運動、牽引など)、薬物療法、神経ブロックなどが行われます。

実はヘルニアは、3ヶ月ほどで自然に消失することがあります。

そのため、病院での手術以外の治療方法は3ヶ月、痛みや痺れを抑える治療になります。

3ヶ月経っても、痛みや痺れが変化がない場合は、お医者さんと相談して手術が行われます。

 

保険を使って接骨院に通う場合、行われるのは主に電気や腰へのマッサージで、病院とはあまり変わりません。

場所によっては、コルセットを買ったり、骨盤矯正を自費で行うこともあります。

ですが、保険を使って施術する場合は、基本的には痛みのある場所にしか施術ができないため、腰痛やしびれが改善する可能性は、病院の理学療法と変わりません。

 

痛みやしびれを改善するには、痛みや痺れを起こしている原因を見付ける必要があります。

自費で整体を行っている整体院では、痛みの原因を見付けてから施術を行う所もあります。

痛みの原因を改善すれば、あなたの腰痛や痺れは改善していきます。

そのため、もし整体院に通う場合は、痛みの原因を見付けてから施術してくれる整体院に行くことをお勧めします。