手・足が冷たいと、腰痛にもなりやすい理由

あなたは、自分の手や足が冷えている、と感じたことはありますか?

もし感じたことがあるのなら。

あなたもいずれ、腰痛になる可能性があります。

なぜなら、、、

 

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

最近多いのが、手・足の冷えです。

手・足の冷えは、男女関係なく悩まれている人がいます。

なぜ、手・足が冷えるのかというと、血の流れが悪化しているからです。

なぜ、血流が悪化しているかというと、

・運動のし過ぎ
・運動不足
・ストレス
・食べ物の偏り

これのどれか、もしくはいくつかが組み合わさって血の流れが悪化します。

これは、

・運動のし過ぎ、運動不足は、筋肉の疲労から。
・ストレスは、交感神経の高まりから。
・食べ物の偏りは、食べた物による影響から。

これが影響で、血の流れが悪くなって、身体が冷えてきます。

なぜ、血の流れが悪くなって、手・足が冷えるのかと言うと…

血液は熱や栄養を運び、老廃物を排出する働きがあります。

血液の流れである血流が悪化すると、慢性的に身体は栄養不足の状態になります。

人の体は、まず最初に、大事な脳や臓器に熱や栄養を送ります。

そうすると、血流が悪化している状態では脳や臓器で熱や栄養が消費されてしまい、手や足の末端まで、熱や栄養が運ばれなくなってしまいます。

血流が悪化すると、熱や栄養が足りなくて冷えるだけではなく、老廃物が蓄積するので、疲れやすくなったり、溜まった老廃物が原因で、皮膚に悪影響を及ぼす可能性もあります。

さらに、脳や臓器に熱や栄養を先に送ると言っても、悪化している血流は、正常な血流よりも冷えています。

そのため、冷えた血液が送られた脳や臓器にも、悪影響があります。

例えば、脳が冷えると、認知症になりやすくなります。

他に、血栓ができやすくなるので、脳梗塞、脳塞栓、心筋梗塞、エコノミークラス症候群などなど。

様々な悪影響が現れます。

他にも、痛みを感じる物質や、筋肉が疲労した時に出る老廃物が排泄されません。

そうなると、疲れたり痛みを感じている筋肉は、いつまで経っても疲れが取れず痛みが改善しません。

特に疲れが溜まっている筋肉は、元氣な時と比べて弱っています。

弱っている筋肉に負担がかかると、痛みが出やすくなります。

 

手・足の冷えは、血の流れが悪くなっているサインです。

手・足が冷たいだけだからと放置しておくと、様々な病気になる可能性があります。

そして、筋肉の疲労が回復しにくいので、負担がかかって腰痛になる可能性が高くなります。

もしあなたの手・足が冷たいなら。

腰痛になる可能性があります。

血の流れを改善して、腰痛を予防してみませんか?

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご提案

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~22:00(最終受付21:00)

【不定休】

それでも不安なあなたのために……

なぜ半額なのか?

その理由は、たった1つです。

あなたに、これ以上悩んで欲しくないからです。

整形外科・接骨院・マッサージを、何件も渡り歩いてきたと思います。

もう、これ以上、あなたの大切な時間とお金を、無駄にしないでください。

この値段は、そんなあなたのためのものです。

そんなあなたのために、私は誰よりもあなたと向き合います。

あなたの悩みを私に聞かせて下さい。

あなたの「痛み」を改善するために全力で施術いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA