夏の方が、冬よりも身体が冷えています。その理由は、、、

冬よりも、夏の方が身体が冷えているのを、知っていますか?

 

最近、暑いですね。

自宅を含め、どこに行ってもクーラーで冷えています。

場所によっては、冷え過ぎの所もあります。

あまりにも寒くて、風邪を引きそうになります。

クーラーは1年中快適に過ごせる様にしてくれる、便利な機械です。

でも、クーラーによる弊害もあります。

クーラーによって身体のバランスが崩れて、腰痛になったりまもします。

その理由は、、、

 

こんにちは。

名古屋の慢性腰痛専門整体院
プロビス整体研究会の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

夏はクーラーによって、室内外の温度差が激しくなるので、身体が温度の変化についていかなくなっています。

最初に自律神経がバランスを崩して、毛細血管の調整ができなくなって、血液が足先まで運ばれなくなって冷えを感じます。

特に仕事で外出する機会が多い人で、1日のうち、暑い → 涼しい → 暑い → 涼しいを繰り返していると、身体の芯に冷えを起こしやすいので、要注意です。

さらに、冷たいものの摂り過ぎや、暑さ・温度差のストレスによって、胃腸の働きが落ちてきます。

食欲がなくなって、簡単な食事で済ませるようになると、栄養のバランスが崩れて、さらに冷えや疲れが悪化してしまいます。

また、汗をかいて、水分を摂り過ぎたことによって、体の塩分が不足します。

すると、さらに冷えが酷くなり、疲れやダルさを感じやすくなります。

さらに、暑くて寝苦しい夜が続くと睡眠不足となり、疲労はピークに達してしまいます。

こうして、色々な理由が重なって悪循環になって、冷えと疲れを起こし、ついには夏バテになってしまいます。

夏の体調不良は、秋からの新型インフルエンザパンデミックを呼び込む(2009年)とも、言われました。

夏の冷えと疲れを予防するには、まずはエアコンの調整をしましょう。室外と室内の温度差は5℃以内が理想的といわれています。なので、最低でも、25℃以上が望ましいところです。

さらに、外から戻ってきたら、汗を拭き取ることも大事なことです。

そして、汗が出たら水分を補給する。

冷え過ぎたものや甘いもの、スポーツドリンク・栄養ドリンクはダメです。

理想は、梅干を入れた番茶や麦茶、あるいは、冷やしてあっても身体に入ると温める「生姜番茶」が効果的です。ただし、喉が渇いたからと、一気飲みはふさわしくないです。1回に150~200mlほどを、ゆっくりと飲むのが効果的です。

ちなみに、「喉が渇いた」と思った時は、すでに脱水症を起こしているのと同じ状態。できるだけ先に水分の補給をするのが望ましいです。

寝る時は、頭寒足熱で、アイスノンを使い、頭を冷やすのも効果的です。

 

水分が足りなくなった筋肉は、他の筋肉や組織と癒着したり、固くなったりします。

また、自律神経のバランスが崩れれば、筋肉への血液が不足して、筋肉も元氣をなくしてしまいます。

この様な状態になってしまうと、腰痛がとても起こりやすくなってきます。

 

もしあなたが、夏に身体が冷えていると感じていたり、腰痛になったとしたら。

それは自律神経のバランスが崩れて、身体が弱っているかもしれません。

ホームページをご覧いただいた、あなただけに特別なご提案

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間9:00~22:00(最終受付21:00)

【不定休】

それでも不安なあなたのために……

なぜ半額なのか?

その理由は、たった1つです。

あなたに、これ以上悩んで欲しくないからです。

整形外科・接骨院・マッサージを、何件も渡り歩いてきたと思います。

もう、これ以上、あなたの大切な時間とお金を、無駄にしないでください。

この値段は、そんなあなたのためのものです。

そんなあなたのために、私は誰よりもあなたと向き合います。

あなたの悩みを私に聞かせて下さい。

あなたの「痛み」を改善するために全力で施術いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA