ぎっくり腰になったら、、、

やわらBizジャーナルより

 

こんにちは。

腰痛専門整体師の榊です。

本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

あなたは、ぎっくり腰になったことはありますか?

それか、ぎっくり腰になりかけたことはありますか?

ぎっくり腰は、欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれ、急激な痛みが腰に走って、動けなくなります。

また、「腰痛貯金」などと呼ぶ人もいます。

ぎっくり腰は、普段の生活の積み重ねで起こるから、です。

こんなぎっくり腰ですが、なるべく早く痛みを解消するためには、最初の処置が大切です。

ぎっくり腰の程度にもよりますが、このグラフの様に、痛みを1週間以内で解消するためには、最初の3日間は冷やし安静にします。

さらにコルセットなどで固定して、なるべく腰に負担がかからないようにします。

最初の3日間は、筋肉が炎症しています。

この炎症がなくなれば、痛みは解消します。

そのため、3日間は何よりも「冷やす」ことが大切になります。

 

次に筋肉に負担をかけないことが大切なので、安瀬にしたり、コルセットなどで固定して筋肉に負担がかからないようにします。

痛みが残っていたり、まだ不安な人は、もう1日、腰を冷やしたり安静にしてください。

4,5日後からは、炎症がなくなったら、今度は暖めるようにします。

冷やされた筋肉は、固まってしまいます。

固まった筋肉は、血液の流れが悪くなっています。

血液の流れが悪いと、筋肉に栄養がいかないため、筋肉が固まったままで、今度は腰痛になってしまいます。

そうならないためにも、暖めて筋肉に栄養を送って固まらないようにします。

また、痛んだ筋肉を回復させるためにも、筋肉に血液を送ってあげることが大切になります。

そのため、お風呂に入ったりして、体を暖めてあげてください。

暖めるのは、だいたい1~2週間は行ってください。

この間は、腰の固定も行うと効果的です。

そして、痛みが出てから3週間くらい経ったら、固定を外します。

 

もし、あなたがぎっくり腰になってしまったら。

これを試してみてください。

施術中は電話に出られないことがあります。
必ず折り返しのお電話をいたしますので、メッセージを残していただければと思います。

営業時間
9:00~21:00
【完全予約制・不定休】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA